All posts by Yoshiaki Yamasaki

InnoDB 全文検索 : MeCab Parser

(この記事は InnoDB Full-Text: MeCab ParserYoshiaki Yamasaki が翻訳したものです)

このブログ記事で紹介した一般的なCJK(中国語、日本語、韓国語)のサポートに加えて、私達はMeCabパーサーも追加しました。MeCabは日本語の形態素解析エンジンで、私達は今MeCabをベースにした全文検索プラグインパーサーを持っています!

使用方法

  1. mecab_rc_fileオプションを設定する — mecab_rc_fileはMeCabパーサーに関連する読み取り専用のシステム変数です。mecab_rc_fileが指すmecabrcファイルはMeCabが必要とする設定ファイルです。そして、MeCabに辞書をどこからロードすればいいかを伝えるために、 dicdir=/path/to/ipadicというエントリが必要です。MySQLがインストールされると、デフォルトでバンドルされているmecabrcファイルは /path/to/mysql/install/lib/mecab/etc/mecabrcにあります。また、ipadic_euc-jp, ipadic_sjis, ipadic_utf-8という3つの辞書が /path/to/mysql/install/lib/mecab/dicディレクトリにあります。私たちはこれら3つの内から使用したい辞書を1つ指定するために、mecabrcファイルを修正する必要があります。
    注意:あなたが独自の辞書を持っている場合は、代わりにその辞書を使用できます。mecabrcファイル内で指定できる多くの追加オプションも有ります。設定ファイルの詳細に関しては、こちらのマニュアルを参照して下さい。ここではテスト目的で、以下の手順でipadic_utf-8をロードしてみましょう。(以下の例では、MySQL 5.7.7は/usr/local/mysqlにインストールされています) :
    1. この様なエントリをmecabrcファイルに追加します:
      dicdir=/usr/local/mysql/lib/mecab/dic/ipadic_utf-8
    2. この様なエントリを/etc/my.cnfファイルの[mysqld]セクションに追加します:

InnoDB 全文検索 : N-gram Parser

(この記事は InnoDB Full-Text : N-gram ParserYoshiaki Yamasaki が翻訳したものです)

デフォルトのInnoDB全文検索パーサー(構文解析プログラム)は、空白がトークン(語句)もしくは単語の区切りとなっているラテン語ベースの言語に対して理想的です。しかし、個々の単語の区切り文字が存在せず、それぞれの単語は複数の文字で構成できる中国語・日本語・韓国語(CJK)のような言語には向いていません。そこで、私たちは異なった方法で単語/トークンを識別する方法を必要とします。
私は今MySQL 5.7.6で、CJKで使用できるn-gramパーサーを提供するために、新しいプラガブル全文検索パーサーをサポートすることをとても嬉しく思っています!

N-gramとは?

全文検索において、n-gramとは与えられた文字列中のn文字の連続した文字列です。例えば、n-gramで”abcd”という文字列をトークナイズすると以下のようになります。

どのようにしてN-gramパーサーをInnoDBで使うか?

新しいn-gramパーサーはデフォルトで有効になっているため、関連するDDL文にWITH PARSER句を追加するだけで使用できます。例えば、以下のDDL文はMySQL 5.7.6以降で有効です。

MySQL 5.7.6では、ngram_token_size (トークンはn文字からなる単語とほぼ同等) という新しいサーバー変数も導入されています。デフォルト値は2(bigram)で、1~10まで変更可能です。次の疑問として、「どのトークンサイズを選択すればいいか?」、という疑問が湧いてきます。2またはbigramはCJKの一般的な使用方法において推奨されていますが、この単純なルールに基づいて任意の有効な値を選択できます。
 ルール:あなたが検索時に期待する最大のトークンに合わせてトークンサイズを設定する。
もし、単一の文字を検索したい場合は、ngram_token_sizeを1に設定する必要があります。ngram_token_sizeが小さい方がインデックスを小さくでき、そのインデックスを使った全文検索がより高速になります。しかしながら欠点は、あなたが検索できるトークンのサイズを制限していることです。例えば、英語の「Happy Birthday」は伝統的な中国語では「生日高興」と翻訳されます。(「Happy」=「高興」、「Birthday」=「生日」)この例のように、それぞれの単語/トークンは2文字から構成されるため、このトークンを検索するためにはngram_token_sizeを2以上に設定する必要があります。

N-gramトークン化の詳細

n-gramパーサーはデフォルトの全文検索パーサーと以下の点が異なります。

  1. トークンサイズ : innodb_ft_min_token_sizeinnodb_ft_max_token_size は無視されます。代わりにトークンを制御するためにngram_token_sizeを指定します。
  2. ストップワードの処理: stopwordsの処理も少し異なります。通常、トークン化された単語自体(完全一致)がストップワードテーブルにあるならば、その単語には全文検索インデックスは作成されません。しかしながら、n-gramパーサーの場合は、トークン化された単語がストップワードを含んでいないか確認し、含んでいればインデックスを作成しません。このように動作が異なる理由は、私たちのCJKは非常に多くの頻繁に使われる無意味な文字、単語、句読点を持っているからです。ストップワードに一致する文字が含まれているかを確認する方式を使うと、より役に立たないトークンを除去できます。
  3. 空白 : 空白は常にストップワードです(ハードコードされています)。例を挙げると、’my sql’は’my’、’y ’、’ s’、’sq’、’ql’にトークナイズされ、’y ’と’ s’はインデックス化されません。

私達はINFORMATION_SCHEMA.INNODB_FT_INDEX_CACHE